これから新規クリニック開業をしようとしているドクター、開業場所が中々見つからないドクター、内装費は本当に適切な数字なんだろうかと思っているドクター、色々なお悩みにお答えいたします。
市場調査

最初にお知らせですが、12/15(月)から21日(日)まで、これからの開業戦略と新事業の研修でアメリカへ行ってまいります。この間は、連絡が出来ないと思いますので、御了承をお願い申し上げます。
 
あっという間に、12月の半ばになってしまいました。
このブログをご覧になっている皆様に、お知らせしたい事が沢山あるのですが、相変わらず経営不振や医業承継のご相談、開業支援等で、夜遅くまで書類作成作業やメール処理に時間を取られてブログを更新する時間が取れず皆様には申し訳なく思っております。
 
10月後半から12月中旬にかけて、開業コンサルタントの支援で開業したにも関わらず、経営不振で困っている3人の先生から経営相談や市場調査(有料)の依頼が有りました。また、10月後半は、私のお客様がクリニック経営の相違から夫婦喧嘩となりその仲裁を行ったりと、色々な経験をさせていただきました。この経験があるからこそ、開業のお手伝いができると思っております。
 
それでは今回は、来年の6月に神奈川県で開業を予定しているA先生(内科)の市場調査の事を書きます。今年の8月、当社と提携しているMS銀行から、A先生を紹介されました。A先生は横浜市の駅前再開発地区で人口が急増しているB駅前の開業を希望しておりました。早速、詳細な市場調査を行った結果は、1日推定外来数が75人でした。
調査結果を報告した数日後、MS銀行からA先生は私以外にC薬卸会社へ市場調査の依頼を行っており、その調査結果は1日推定外来数が29人なのでどちらが正しいのか、説明が欲しいとの連絡が入りました。私は、A先生からC薬卸会社の調査結果を見せてもらい、私の調査とどこが違うか、下記の説明を行いました。
 
C薬卸会社
1:診療圏設定 ⇒ 半径500m圏内
2:競合施設調査 ⇒ あり
3:人口データ ⇒ 平成22年の国勢調査 
4:1日推定外来数 ⇒ 傷病大分類データより計算
5:住民調査 ⇒ なし
6:市場参入余力調査 ⇒ なし
 
当社
1:診療圏設定 ⇒ 現地調査により設定(北・1Km 南・500m 東・400m 西・200m)
2:競合施設調査 ⇒ あり
3:人口データ ⇒ 直近の「町丁別・年齢別・男女別人口データ」を使用。
4:1日推定外来数 ⇒ 受療率表の「傷病小分類」から、A先生が診療する病名を抽出した。
5:住民調査 ⇒ 通行人や商店等から「通院している施設や評判の良い施設」のヒアリングを行った。
6:市場参入余力調査 ⇒ 市場参入余力 54%(開業余地大)

 
続きを読む >>
診療圏調査 comments(0) trackbacks(0)
市場調査不足?
今回は、6年前に都内のS区の駅近くで内科を開業していたが、患者様が少ないので移転したA先生の事を書きます
この情報は、当社に物件探しを依頼してきたB先生から聞いた情報です。どんな場所なのか早速、市場調査を行うと同時に情報収集を行いました。

 
この場所の状況は、次の通りです。
  1. 競合施設数 ・・・  12施設
  2. 1日推定外来数 ・・・20人〜25人
この1日推定外来数では、何年たっても損益分岐点に乗らないでしょう。
しっかりと市場調査を行えば、この場所では絶対に開業はしないと思うのですが、どうでしょうか。
相変らず、駅前だからと安易に開業したのでしょうか。
科目にもよりますが、駅前で人通りが多い方からといっても、市場調査の数字が悪い場合には開業を避けた方が良いでしょう。

 このブログで、何度も書いているのですが、1日推定外来数が損益分岐点以下の数字しか産出されない場所では、開業しないことです。

話は変わりますが、4
月中旬、C先生(内科・循環器内科)がDメーカから神奈川県のTターミナル駅から徒歩4分の商業ビルを紹介されたので、物件の内覧に同行して欲しいと依頼がありました。
内覧の前に、簡易市場調査を行ったところ、1日推定外来数が10人でした。これでは、内覧するまでもないのですが、C先生の依頼なので内覧に同行しました。

 
このテナントは人通りも多いのですが、テナント内部は天井が低く、トイレ等の給排水管の場所が1ヶ所しかなく、また空調の室外機を9階の屋上に設置しなければならず、工事費が相当かかると思われました。
そこで、このテナントはメリットよりデメリットが大きいので、お断りするようにアドバイスをしました。
どうして、このような場所を紹介するのでしょうか、私には、理解できません。
 

私は、テナントを紹介する場合、事前に簡易市場調査を行い、事前にテナントの内覧を行って水回りや電気、空調設備等を調査してから、ご紹介を行っております。これを行わないと、多忙な先生方の貴重な時間を無駄にする可能性があるからです。
 
このようなことを書くと、同業者から嫌がらせを受けるので書きたくないのですが、開業を成功していただきたいために、敢えて書きます。
現在、本当に先生方の開業を成功させるためのコンサルティングを行っている会社(人)が少ないように思います。
なぜなら、先生が開業に失敗しても自分の懐は痛まないからです。
正直なところ、この業界で新規開業のコンサルティングが出来る会社(人)は、10
%もいないのではないかと思います。

その理由は、「市場調査が出来ない」事が挙げられます。ほとんどのコンサルタント会社(人)は市販のパソコンソフトを使用し、一番重要な現地調査や住民からのヒアリングもせず、楽をしてコンサルティングを行っているからです。
また、市場調査のノウハウも持っていないのです。
これでは、開業しても損益分岐点に達しない先生方が増えるのは当たり前です。
その結果、数年前から開業を行って
1年経過しても月間で損益分岐点以下の施設が多くなって来たのです。

 
次回は、当社のサイトを見たと言って情報収集するだけの人(先生)がいることを書きます。
 
お読みいただきまして、ありがとうございます。

 
診療圏調査 comments(0) trackbacks(0)
市場調査のまとめ
 今回は、市場調査のまとめを書きます。
市場調査は大きく、「紙上調査と現地調査」に分けられます。

1.紙上調査
/芭天の設定   ・・・ 地図上で大まかな診療圏の範囲を決める。
競合施設確認   ・・・ 診療圏内に競合が何件あるかを調査する。
人 口 調 査   ・・・ 夜間人口(町丁別・年齢別男女別資料)と昼間人口を調査する。
た篦螻依菴算出 ・・・ 受療率表(小分類)から先生が診療すると思われる病名を抽出する。

2.現地調査
/芭天の確認   ・・・ 候補地の地形や交通量、建物の認知度等を自分の足で確認する。
▲劵▲螢鵐亜      ・・・ 候補地に住民から競合施設の状況等を聞く。
6ス膸楡澆粒稜  ・・・  競合施設の位置や建物状況を確認する。

以上、まとめを書きました。
次に、市場調査の現状を書きます。

続きを読む >>
診療圏調査 comments(0) trackbacks(0)
市場調査
 あっという間に1ヶ月が過ぎてしまいました。地震が収まってきたためかどうか判りませんが、5月の後半から物件の問合せが多くなってきて、土・日に物件探しや内見で休み無く働いていました。
今回は、調査の各項目について書きます。

機Э芭天の設定
1.診療圏の範囲
診療圏は都市部と地方とでは範囲が変わってきます。都市部は、診療圏の阻害要因や競合施設数をみて、概ね500〜1km範囲になります。地方は場所にもよりますが1〜3kmの範囲となります。
2.現地調査
診療圏と思われる場所を歩いて、住民や商店から競合施設の様子を聞きながら、診療圏を阻害する要因(大きな道路、山、河川、鉄道等)を確認する。

掘Фス膸楡澆猟敢
この部分は、調査項目が多いため調査会社へ依頼することをお勧めします。私は自分の足で調査を行っています。なぜなら、お客様へ説明するためには自分の目で確かめないと責任が持てないからです。


掘Э邑調査
人口は、「1歳又は5歳区分で町丁別・年齢別・男女別」の
詳細なデータで計算する。
なぜなら、駅に近い場所と離れた場所では、人口構成が違う為です。
殆どの調査書は、年齢別人口比率と地区別人口から大雑把な人口を計算しています。
これでは、診療圏の正確な人口が計算できません。

続きを読む >>
診療圏調査 comments(0) trackbacks(0)
診療圏調査の手順

 こんにちは、ふくさんです。
今回は、「診療圏調査」の手順について書きます。
通常、診療圏調査を行う手順は、次の通りです。重要事項は赤字で書きます。

機Э芭天の設定
 ッ録涵紊500m、1kmの円を描く。
◆タ芭天阻害要因を確認する。
診療圏と思われる場所を歩いてみる
ぁヅ堝盖擇單垰垓畊戮留悗剖瓩ぞ貊蠅凌芭天は、概ね500mです。

供Ы嗣韻離劵▲螢鵐阿鮃圓
 タ芭天と思われる場所の住民や商店等から、今通院しているか又は以前通院したことがある「医療施設」と医療施設の「評判や後継者がいるか」等のヒアリングを行う。

掘Фス膸楡澆猟敢
 
1日の推定外来数。
後継者の有無。
院長先生の年齢。
ぁタ芭纏間。
ァゥ曄璽爛據璽犬陵無。

続きを読む >>
診療圏調査 comments(0) trackbacks(0)
診療圏調査の重要性
 こんにちは、ふくさんです。

時の経つのは早いですね。あっという間に、1週間が終わってしまいました。

 これから、先生が開業を行って成功するための秘訣をご紹介していきます

 

 ここ数年前から、「診療圏調査の重要性について認識してもらう必要があると感じています。その理由は、市販されている診療圏調査ソフトが大きな欠陥持っているにもかかわらず、このソフトを利用して開業支援を行なっている業者が多くおります。また、先生方もその調査書を信用しているようです。この調査書を信用して開業したら、失敗する先生も出てくるのではないかと思ったからです。

 実際、私は同じ年に2人の医師から開業して2年過ぎても1日外来数が20数人で、事業が軌道に乗らないという相談を受けました。2人とも同じ開業支援業者に頼んで開業していました。診療圏調査ソフトで作成した診療圏調査を見せてもらいましたが、疑問点があるので診療圏調査をやり直した結果、調査結果が悪かったので移転させたことがあります。

 

 結果がどうなったか? 2人とも半年で月間黒字になりました。1人は2年目に、1.5億円でMRIを購入し検査室を拡大しました。

 それほど診療圏調査が重要だと言う事を理解して欲しいので、経験談を書きました。嘘だと思う方は、ご来社いただければ詳細をお話いたします。

 そこで、今まで100箇所以上、開業のお手伝いをさせていただいた経験を元に、今週から開業で成功する重要なポイントの一つである診療圏調査について45回に分けて書きます。

続きを読む >>
診療圏調査 comments(0) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
PROFILE
MOBILE
qrcode